本文へスキップ
トップページ>会社案内>メディア掲載
  

魚津の関わらせていただいた仕事が新聞やWebで記事になりました。
写真をクリックすると拡大して見ることができます。
魚津社員の記事など 指定文化財 関連 免震、耐震補強技術 関連 魚津弘吉 関連

2016年6月4日 中日新聞 
   
2016年6月1日名古屋城本丸御殿第二期公開にあたり、中日新聞の特集記事に、復元工事の大工仕事を担う魚津社員の記事が掲載されました。

2016年6月1日 NHK 
   
NHK「探検バクモン 〜復活!尾張徳川家金ぴか御殿〜」に魚津会長が出演しました。左の画像は、NHKのWEBページを画像にしたものです。
(魚津は名古屋城本丸御殿復元工事の大工仕事を担当しています)

2015年10月2日 朝日新聞 
   
弊社が博物館明治村「芝川又右衛門邸」の復元工事を行った経緯と、武田五一先生との出会いについて書かれています。

2015年10月1日 朝日新聞 
   
弊社が明治村博物館「芝川又右衛門邸」の復元工事を行うことになった経緯が書かれています。

2014年3月12日 中日新聞 
   
中日文化センターで魚津会長が講座「名古屋城本丸御殿を再現する」を開講。名古屋城本丸御殿を再建する作業の全体像を解説しました。

2014年2月21日 中日新聞 
   
魚津の女性現場監督の記事が掲載されました。       

2013年9月26日 橦木館日和 
   
名古屋市文化のみち橦木館の屋根改修工事を魚津が担当した際に、現場監督がインタビューを受けました。       

2013年5月25日 中日新聞 
   
名古屋城本丸御殿復元工事の現場で指揮をとる魚津の社員の記事が掲載されました。       

2013年2月 長松院だより 
   
長松院の修復工事を請負った際に、担当した大工の棟梁 杉本とのやりとり、工事中の職人達の様子などが長松院だよりに掲載されました。

2010年3月25日 建通新聞(あいち民間総合版) 
   
設計事務所所長 二村研次の記事が掲載されました。       
 
2010年1月25日 中日新聞(市民版)

社長 魚津源二の記事が掲載されました。 

2005年12月19日 中日新聞  

社長 魚津源二の記事が掲載されました。 
2005年 6月 8日 読売新聞

「わが街企業ファイル」コーナーで魚津が取材されました。
文化財修復、免震工事についての他、会長のモットーも掲載されています。



指定文化財 関連
魚津の担当させていただいた件の記事が掲載されました
2017年7月22日 中日新聞(豊田版)

当社が2015年に調査・実測を行った安長寺山門(豊田市)が 国の登録文化財に登録されます。
安長寺山門の大工棟梁山本金四郎は「横松大工」の一人です。
「横松大工」に関しては、こちらをご覧下さい。

2016年10月22日 中日新聞

当社が2012年5月〜2014年3月に保存修理工事を行った博物館明治村の西園寺公望別邸「坐漁荘」(犬山市)が国の重要文化財に指定されました。

2015年7月4日 中日新聞

魚津が2014年に調査・実測を行った崇覚寺本堂(名古屋市中区)、
萬福寺の本堂・鐘楼・山門(知立市)が 国の登録文化財に登録されました。

2011年1月4日 中日新聞

真宗大谷派・東本願寺開祖の教如が住んだ数奇屋風書院「北ノ御所」の移築、修理をさせていただきました。

2007年12月 8日 中日新聞

魚津が解体保存工事と復元工事で木工事をさせていただいた芝川邸が国の登録文化財に登録されました。


2007年 5月10日 建通新聞

安城市指定文化財となった本證寺鼓楼の解体保存修理の施工を担当させて いただきました。

2006年11月11日 中日新聞

魚津が施工を担当させていただいた安城市指定文化財本證寺鼓楼の解体保存修理工事についての記事が掲載されました。

2006年 9月 1日 中日新聞

魚津が施工を担当させていただいた安城市指定文化財本證寺鼓楼の解体保存修理工事についての記事が掲載されました。

2005年 9月17日 中日新聞

魚津が調査・申請手続きを代行致しました浄照寺本堂・庫裏・書院と、雲興寺鐘楼が登録文化財に登録されました。



免震技術 関連
魚津の免震技術の記事が掲載されました

2005年10月12日 朝日新聞

大本山永平寺名古屋別院の山門を手掛けました。
総ケヤキ造りで地下には最新の免震装置が組み込まれています。

2005年9月1日 読売新聞

名古屋大学大学院研究室の寺、神社におけるの有効な耐震補強技術を探る研究に協力させていただきました。



魚津弘吉 関連

1953年10月22日 中日新聞

名古屋城東南隅櫓の解体修理工事から名古屋城のさまざまな歴史が明らかになりました。
魚津が施工を担当致しました。

1939年10月21日 名古屋新聞

熱田神宮神楽殿(戦災により消失)の新築工事を魚津が請負いました。

1930年 7月27日 愛知新聞

焼失した高野山金堂を京大の武田五一教授、天沼俊一教授指導の下、初代魚津工務店社長 魚津弘吉が手掛けました。

年月日 発行新聞社 不明

曹洞宗大本山永平寺の大光明蔵を京大の武田五一教授の指導の下、初代魚津工務店社長 魚津弘吉が手掛けました。


■ 全ての記事は著作権に基き 公開しております