本文へスキップ
トップページ>耐震技術>はじめに  
   

1995年の兵庫県南部地震や2000年の鳥取県西部地震では、
神社・仏閣をはじめとする伝統的な木造建築物が被害を受け
改めてこの種の建物の耐震改修の必要性が喚起されています。
特に国宝文化財クラスの建造物では、伝統技術の継承が難しくなってきた現在、
それらの修復が極めて困難なりつつあり、
新しい技術を導入しつつ耐震補強を行う必要があると思われます。

魚津では、
専門家との共同研究や数々の経験によって得た
最先端の耐震技術を用いてお客様の建築物をお守り致します。