本文へスキップ
トップページ>会社案内>トピック
  

社内の行事や社員の活動、開催したイベントなどのご報告です。
写真をクリックすると拡大して見ることができます。

平成30年6月15日〜16日
   
●安全大会
6月15日(金)に安全大会を行いました。安全大会では、1年間で発生した事故事例の発表、安全に関する講義、無事故者に対する安全表彰を執り行いました。 (左写真:安全大会の様子)

●研修旅行
6月15日(金)16日(土)会社研修旅行で滋賀県に行きました。
見学先は比叡山延暦寺(東塔区域)、石山寺、御上神社、ラ コリーナ近江八幡、東近江市五個荘金堂の町並みの計5ヶ所でした。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


比叡山延暦寺(大津市)
天台宗総本山比叡山延暦寺では現在、根本中堂(国宝)ならびに廻廊(重要文化財)を平成28年度から約10年をかけて大改修を行っています。

改修中の国宝延暦寺根本中堂及び重要文化財根本中堂廻廊

石山寺(大津市)
聖武天皇の勅願により天平19年(747)に東大寺別当 良弁僧正が創建した石山寺(いしやまでら)は、永長元年(1096)再建の本堂ならびに建久5年(1194)の銘がある多宝塔が国宝に指定されています。

国宝石山寺多宝塔

御上神社(野洲市)
三上山を神体山として祀る御上神社は養老2年(718)現在地に鎮座されました。
鎌倉時代後期建立と推定される本殿が国宝に指定され、拝殿・楼門・摂社若宮神社本殿が重要文化財に指定されています。

国宝御上神社本殿

ラ コリーナ近江八幡(近江八幡市)
明治5年(1872)に菓子商を創業した「たねや」が、平成27年にオープンしたショップ・カフェ・農園などで構成された複合施設です。
建築家の藤森照信氏が主要施設の設計を担当した建物です。

ラ コリーナ近江八幡

東近江市五個荘金堂(ごかしょうこんどう)の町並み(東近江市)
東近江市五個荘金堂地区は重要伝統的建造物群保存地区に指定された農村集落のひとつで、江戸時代中頃から活躍する五箇荘商人の出身地でもあります。

重伝建地区 五個荘金堂の町並み
          

平成30年5月17日
   
日本建築を学ぶため、今春から来日しているイタリア人のピエトロ・ヴェッキさんが当社を訪問しました。
社長が応対し、話を伺った後、当社の作業場で大工作業も見てもらいました。


詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)








          

平成29年10月13日
   
当社が所在する名古屋市中川区在住の方々が来社し、当社の工場を見学されました。
当社社長の案内で、工場の大工作業の様子を見ていただきました。
見学後、実際に大工が行っている焼き印押しやカンナ削り体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社で行っている大工作業の様子を見ていただきました。
木材の調達や加工の様子についてお話ししました。


お堂の仮組(※)の様子を見ていただきました。
(※仮組…建物を建築地ではなく別地で一旦組立てて部材の確認等を行うことです。後に建築地へ部材を搬入し施工します。)


大工作業とともに、実際に使う大工道具についても見ていただきました。


木材のカンナ削り体験をしていただきました。

          

平成29年6月13日
   
名古屋大学の古川忠稔准教授と学部4年生の皆さんが来社し、当社の工場を見学されました。
工場の大工作業を見ていただいた後、ノコギリ、カンナ等を使った木工体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社で行っている大工作業の様子を見ていただきました。
名古屋城本丸御殿などで見られる折上げ格天井の構造についてお話ししました。


古い建物から得られた木材の再使用についてお話ししました。


ノコギリ、カンナ等を使って、ナベ敷き作りに挑戦していただきました。
写真は完成見本品です。


実際に部材の『墨付け』作業をしていただきました。


ナベ敷き作りを通して、大工作業の様子を体験していただきました。

          

2017年1月24日
   
中川鯱城会(名古屋市高年大学鯱城学園OB)の方々が来社し、当社の工場を見学されました。
当社社長がご案内し、工場の大工作業の様子を見ていただきました。
見学の後、実際に大工が行っている焼き印押しやカンナ削り体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社で行っている大工作業の様子を見ていただきました。
写真は丸太柱の背割り加工の様子です。


大工が描いた原寸図(実物と同じ寸法で書いた図面)を見ていただきました。


桁材と梁材の継手加工の様子を見ていただきました。


木材への焼き印押し体験をしていただきました。


文化財の修理では、取り替えた木材に修理年度等(写真上部)を焼き付けています。
今回の焼き印押し体験では、2匹の魚の焼き印(写真下部)を押していただきました。

          

2016年11月30日
   
中川生涯学習センター主催講座「<なごや学>ものづくりにかける人々の心意気
を感じて」の現地講座として、 当社の工場を見学していただきました。
講師として当社社長が工場をご案内し、宮大工の技術や尾張地方の大工について
の説明をいたしました。工場では、実際の大工作業を見ていただくとともに、
焼き印押し体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社の工場で加工された木材等の様子を見ていただきました。


模型を使って木材の継手・仕口(部材の結合方法)の説明をいたしました。


木材への焼き印押し体験をしていただきました。
文化財の修理では、取り替えた木材に修理年度等を焼き付けています。


当社社長より尾張大工の系譜と現状に関するお話をさせていただきました。

          

2014年10月3日 
   
ポリテクセンター中部で建築士スキルアップ講座として魚津社長が伝統建築物の耐震改修事例を紹介しました。