本文へスキップ
トップページ>会社案内>トピック
  

社内の行事や社員の活動、開催したイベントなどのご報告です。
写真をクリックすると拡大して見ることができます。

平成29年10月13日
   
弊社が所在する名古屋市中川区在住の方々が来社し、当社の工場を見学されました。
当社社長の案内で、工場の大工作業の様子を見ていただきました。
見学後、実際に大工が行っている焼き印押しやカンナ削り体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社で行っている大工作業の様子を見ていただきました。
木材の調達や加工の様子についてお話ししました。


お堂の仮組(※)の様子を見ていただきました。
(※仮組…建物を建築地ではなく別地で一旦組立てて部材の確認等を行うことです。後に建築地へ部材を搬入し施工します。)


大工作業とともに、実際に使う大工道具についても見ていただきました。


木材のカンナ削り体験をしていただきました。

          

平成29年6月13日
   
名古屋大学の古川忠稔准教授と学部4年生の皆さんが来社し、当社の工場を見学されました。
工場の大工作業を見ていただいた後、ノコギリ、カンナ等を使った木工体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社で行っている大工作業の様子を見ていただきました。
名古屋城本丸御殿などで見られる折上げ格天井の構造についてお話ししました。


古い建物から得られた木材の再使用についてお話ししました。


ノコギリ、カンナ等を使って、ナベ敷き作りに挑戦していただきました。
写真は完成見本品です。


実際に部材の『墨付け』作業をしていただきました。


ナベ敷き作りを通して、大工作業の様子を体験していただきました。

          

2017年1月24日
   
中川鯱城会(名古屋市高年大学鯱城学園OB)の方々が来社し、当社の工場を見学されました。
当社社長がご案内し、工場の大工作業の様子を見ていただきました。
見学の後、実際に大工が行っている焼き印押しやカンナ削り体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社で行っている大工作業の様子を見ていただきました。
写真は丸太柱の背割り加工の様子です。


大工が描いた原寸図(実物と同じ寸法で書いた図面)を見ていただきました。


桁材と梁材の継手加工の様子を見ていただきました。


木材への焼き印押し体験をしていただきました。


文化財の修理では、取り替えた木材に修理年度等(写真上部)を焼き付けています。
今回の焼き印押し体験では、2匹の魚の焼き印(写真下部)を押していただきました。

          

2016年11月30日
   
中川生涯学習センター主催講座「<なごや学>ものづくりにかける人々の心意気
を感じて」の現地講座として、 当社の工場を見学していただきました。
講師として当社社長が工場をご案内し、宮大工の技術や尾張地方の大工について
の説明をいたしました。工場では、実際の大工作業を見ていただくとともに、
焼き印押し体験をしていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください(もう一度クリックすると閉じます)


当社の工場で加工された木材等の様子を見ていただきました。


模型を使って木材の継手・仕口(部材の結合方法)の説明をいたしました。


木材への焼き印押し体験をしていただきました。
文化財の修理では、取り替えた木材に修理年度等を焼き付けています。


当社社長より尾張大工の系譜と現状に関するお話をさせていただきました。

          

2014年10月3日 
   
ポリテクセンター中部で建築士スキルアップ講座として魚津社長が伝統建築物の耐震改修事例を紹介しました。