本文へスキップ
トップページ>リポート
 


愛知県岡崎市 登録文化財 旧石原家住宅主屋 土間三和土工事
2019年2月13日 工事完了

2010年に当社で国登録有形文化財への申請業務を担当した愛知県岡崎市の旧石原家住宅にて、 主屋土間の三和土(たたき)をやり替える工事や、かまどの補修等を行ないました。
主屋は江戸時代末期建立の木造2階建ての町家で、『新編岡崎市史建造物18』(1983年)にも掲載されています。
主屋と共に登録文化財へ申請した土蔵(江戸時代末期)、庭門(昭和時代前期推定)の修理工事も当社で行なっています。
 

(1) 登録文化財主屋 全景

(2) 登録文化財主屋 勝手土間三和土工事前、かまど補修前

(3) 登録文化財主屋 勝手土間三和土工事後、かまど補修後

(4) 登録文化財土蔵 修理前

(5) 登録文化財土蔵 修理後

(6) 登録文化財庭門 屋根葺替え修理前

(7) 登録文化財庭門 屋根葺替え修理後